仕事を奪うのはAIではない!そこに気づかないと!

仕事を奪うのはAIではない!そこに気づかないと!

AIの進化により、人間の仕事の多くはAIやロボットに置き換えることが可能になり、人間は仕事を奪われると言われています。
スーパーやコンビニのレジはセルフレジになり、レジ打ちのバイトは、無くなっていくでしょう。
農業も自動化されれば、管理する人が1人いれば十分になる可能性も高いですね。
便利になると思う反面、仕事を奪われて失業する人が出てくるという問題もメディアで言われています。
エンジニアの目線で考えた時に、AIの進化は仕事を奪われるのかを考えてみます。

AIで代替可能な仕事は多い

今ある仕事の49%がAIで代替可能

野村総研NRIが、今後10年~20年間にかけて、現在日本国内で担われている職業の49%が人工知能などのロボットによって代替えできる可能性を発表しました。
これらが、AIが仕事を奪うという意見のベースになっています。

特に、タクシー、バス、運送業については、近年の自動運転技術の発展も見やすいため、現実味があり危機感を覚えた人も多いようです。

あるステータスで見れば人間はAIには勝てない

記憶力や計算能力では人間と機械では勝つことができません。
24時間働くことも人間にはできません。
純粋に計算をし続けるような仕事がもしあるとすれば、人間は不要です。
そんな仕事はすでに機械に置き換わっています。

仕事はAIに奪われはしない

それでも、日本人がAIに仕事を奪われるというのは極論だと思っています。
その根拠について説明します。

半分の仕事は残る

『今ある仕事の49%がAIで代替可能』と言われましたが、逆を言うと51%はAIに代替不可能ということでもあります。
もちろん、今後20年ではという前提が付きますが、半分の仕事は無くならないでしょう。
わかりやすく単純な計算で説明すると、1億の労働人口がいて、そのうちの半分がAの仕事をして、残り半分がBの仕事をして、1億円の利益を得ています。
ここに、AIが発展しBの仕事を全てAIが実行できるようになりました。
そこで、今までBの仕事をしていた人を全て、Aの仕事に回し、Bの仕事をAIに実行させて、2億の利益を得られるようになりました。

これで仕事を奪われて、損をした人がいるでしょうか?
いないですよね?これが実現できれば、AIに仕事を奪われるなんて恐怖はないということです。

日本人の人口は減っていく

更に、日本人の人口は減少傾向にあります。
20年後には、1年に100万人のペースで人口が減っていくという計算もされています。
労働人口という年齢範囲で限ると、もっと人口減少が顕著になるでしょう。
人口減少による労働力不足が大きな社会問題に直面している日本にとって、AIによる労働力の補完は『渡りに船』な願っても無いイノベーションなんです。
もっと積極的に取り入れていかなければいけないんです。

なくなった仕事に変わる仕事の登場

AIの登場により、消える職種はあると思います。
しかし、その分、新しく生まれる職種もあるはずです。
よく、産業革命の時にラッダイト運動が起こったように、過去にも仕事が奪われるという機会はありましたが、その時も、それをメンテナンスする技師や、生産された商品の輸送等の仕事が生まれました。

仕事を奪っていくのは

AIに仕事を奪われるわけではないという話を展開してきましたが、他のところで仕事を奪われるリスクはあります。

勝ち組・負け組

Bの仕事をAIに置き換えて、Bの仕事をしてた人にAの仕事を任せました。
ここで、「Aの仕事が出来ない」という人は仕事を失います。
AIに奪われる仕事は、当面は単純作業や機械作業のように高度な思考や柔軟な発想を必要としない仕事です。
そういう仕事しか出来なかった人間が、思考力や発想を必要とする仕事を「頑張ってやろう」と思えない人は総合力で見てもAIに負けます。

海外

日本という国の中で考えれば、仕事の配置転換で対応できると思うのですが、残る51%の仕事を海外に取られるリスクというのはあります。

AIに仕事を奪われない努力は必要

結論としては、過度な恐怖を感じる必要はありません。
AIに奪われる恐怖よりも、AIをうまく使いこなす能力をしっかり日本が取り組んで発達させていけば良いんです。
どんな努力をすれば良いかを簡単に説明します。

AIに興味を持つこと

まず、AIを拒絶するのではなく、AIに興味を持って欲しいです。
冷静に見れば、AIにできることは、まだまだ限られています。
AIをうまく使って仕事を効率的にできるようになれば、あなたの市場価値は高くなるでしょう。

人間らしい仕事をすること

AIではなく、人間に仕事を頼みたいシーンでしっかり仕事を出来る人間は職を失いません。
例えば、コンビニでバーコードを読み取って「200円です」という仕事はAIにも出来ます。しかし、タバコの番号がわからず、銘柄名を言ってくるお客さんに対して、優しく対応することができる人間は、最後まで残るでしょう。
「人間らしさ」というのが人間の最後の武器になると思います。

思考力メモカテゴリの最新記事